銀座ソニービル閉館イベント行ってきた!ソニーパーク/新ソニービルへ

2017年 ソニービルは解体されます。跡地には 何ができるのか、その「未来」をテーマにしたイベント「It’s a Sony展」へ行ってきましたー!

イベントの様子や、ソニービルの今後についてお伝えします☆

「ソニービル」銀座

1966年4月にオープン、地上8階地下2階建
ユニークな構造や日本一速いエレベーターなどで当時は話題を集めました。

場所・アクセス

中央区銀座5-3-1

営業時間 11:00~19:00

電話 03-3573-2371

最寄駅
地下鉄丸の内線・銀座線・日比谷線「銀座駅B9出口 徒歩1分
(地下道から直接ソニービルに入れます。)

山手線・京浜東北線「有楽町駅」徒歩約5分

It’s a Sony 展

ソニービルの「未来」をテーマにしたイベント

開催期間  2017年2月22日~3月31日

It’s a Sony 展へ


”Goodbye Sony Building, Hello Sony Park.”
ソニービルは解体され、ファーストステップは公園になります。

看板は公園をイメージして人工芝が張られているのですね^^


ソニービル1階、メインの出入口です。


入りますー!


設立当初から続く公共のスペース(ソニースクエア)

イベント前は中央にも椅子が置いてあり、座って待てるので 待ち合わせで良く利用しました。
わたしが銀座で一番多く来た場所がここです^^

ソニービルは無料でプラネタリウムをやっているときもあり、何度か観せても もらいました。
色々お世話になりました☆

4月からの銀座の待ち合わせ場所はどこにしましょうか…


画像中央の階段をのぼるとイベント会場です。

ソニービルは「花びら構造」


建築家 芦原義信氏が生み出した「花びら構造」

田の字型にし、いずれもが100㎡になるように区分され、フロアの高さは90㎝ずつ ずらすことで、連結した一つの空間にしているそうです。


立面図がこちら
1階~4階までがイベント会場、図が緑の訳は 人工芝が敷かれているからです^^


SONYのステキなオブジェ


イスになっています。


「ソニーパークは、どんな場所になってほしいですか?」
思いを書いて壁に貼ります。たくさんの紙が貼ってありました…写真撮ってなかったー><


2F~4F、横幅約120m、標高差約9mのウォールアートが展開されています。


風情があって楽しいアートですね。


壁の色がライトで変わります。


「パークの木琴」というリーフレットが置かれています。


ウォールアートの中に、キーワードが隠れているので、それを探して言葉を完成させます。


「1」がありました。
わたしはやりませんでしたが、キーワードはsonyの文字と一緒にあるのかな。


「2」がありました~。
キーワードを完成させるとオリジナルステッカーがもらます。

ソニーの歴代商品をトラップにしたカプセルトイ(ガチャガチャ)もありました。
全21種類で・1回 500円・一人1日1回迄です。


こちらのフロアの壁にはたくさんの緑のシールが貼られています。


葉っぱのシールを貼ることができます。


なかなか芸術的な貼り方☆

わたしは、どこに緑を植えようかな…(*^^*)


ひとつめは、SONYのSの上にしよう。


植えました☆
ウォールは緑いっぱいですね。


もう一つ、橋のてっぺんは先客がいらしたので、ちょっと横に。


育つかな♪


イスに座って、銀座の街を眺められます。


右方向には、「有楽町マリオン」


正面は、2016年にオープンした「東急プラザ銀座」です。

パークの木琴


なんだろうと思って写真を撮ってきたのですが…

ソニービルの花びら構造を生かし、階段に沿って4Fから2Fまで連なる約34メートルの木琴 “パークの木琴” が登場。

4Fから木の玉を転がすとその玉が木琴を叩き、「What a Wonderful World.」(ルイ・アームストロングの楽曲)を奏でます。

わー、やりたかったです(≧ε≦)
どんな音色なのかしら…♪ ステキですね。

「銀座ソニーパーク」へ、そして「新ソニービル」へ


こちらが現在から未来への構想案内です。

ソニービル


現在の「ソニービル」
2017年3月31日、50年の歴史に幕を閉じます。
4月1日から解体が始まります。

ビルが取り壊されてしまうのは やはり寂しいですが、それよりも新しいプロジェクトに期待し、ソニービルの未来を楽しみにしようと思います(*^^*)

銀座ソニーパーク


2018年夏、「銀座ソニーパーク」が誕生
2020年のオリンピック終了まで、公園として解放されます。

銀座のビル群の真ん中に公園☆ 本当にすばらしいと思います。
SONYならではの 公共性とテクノロジーの融合パークが展開されるのではないかと 期待しています。


「銀座 ソニーパーク」のイメージ模型


角度を変えて☆


アップで^^ 憩いの場になりそうですね。



地下はショールームや飲食店になるようです。

 新ソニービル


2022年、新しい概念の新ソニービルが竣工予定

2018年の夏にまた会いましょう。

2017年4月1日からこのビルの解体が始まります。50年もこの地でみんなと出会ってきたビルです。言葉にならない気持ちで一杯です。でも、戻ってきます。2018年の夏までお待ちください。・・・

銀座のみんな、すこしの間だけ、さようなら。そして、50年間、ありがとう。時代が変わっても、テクノロジーが変わっても、ソニーはここにあります。

すこしだけ、バイバイですね。
2018年の夏、ソニーパークに会えることを楽しみにしています。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

ブログの更新情報をお知らせします♪

スポンサーリンク